So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
世界エンタメ新聞 ブログトップ
前の5件 | -

オルフェーヴルが有終の美を飾る! [世界エンタメ新聞]

こんばんは、【世界エンタメ新聞@福だるま】です。

 

オルフェーヴルが有終の美を飾る!

素晴らしいラストランでした、8馬身差のぶっちぎりの勝利。

 

凱旋門賞での2着を限界と見た予想もありましたが、単勝160円の圧倒的な一番人気。

結果はともかく、「記念馬券」としての購入も結構あったはずですね。

 

G1レース6勝は、堂々たる記録ですがその影で泣いたのが2着のウィンバリアシオンです。

このレースでも2着でしたが、過去に3度も2着で泣かされていて負け癖がついていた?

 

3歳時の「ダービー」 でマイナス0.3秒差で2着。

「神戸新聞杯」でマイナス0.4秒差で2着。

「菊花賞」でマイナス0.4秒差の2着。

 

そして最後の対決が、この「有馬記念」の マイナス1.3秒差8馬身という驚異的な着差です。

一度も勝てずに2着止まりが精一杯のウィンバリアシオン、走るたびに着差が広がっている。

 

オルフェーブルの凄いところが、如実に現れています。

 

その反面ポカもたまにありましたが、今日の勝利は競馬ファンの大勢の方が納得されたことでしょう。

後半の5ハロン・6ハロンで長くいい足が使える、ディープインパクトと同じような「鬼脚」の持ち主。

G1勝利数では、1賞足りませんでしたが凱旋門賞2着2回も日本の馬としては勲章ものでした。

 

種牡馬になってからにも、大いに期待したいものです。

 

おめでとう、オルフェーブル!!

 

ありがとう、オルフェーブル!!

 

君のことは決して忘れません。

 

 

【世界エンタメ新聞@福だるま】でした。 

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

知事か稚児かの茶番劇。 [世界エンタメ新聞]

こんにちは、【世界エンタメ新聞@福だるま】です。

 

エンタメニュースに書いていいかどうか迷ったけど少しだけ書きます。

今日、やっとのことで猪瀬知事が辞任したようですね。

 

テレビを見ていないのでなんとも言えませんが、

知事か稚児かの茶番劇。ってか。

稚児を広辞苑で「ちじ」と読もうと引いてみても載ってません。

でも僕、知事と言うより幼稚な児童にしか見えないので「稚児(ちじ)」と

書いて当然だと思います。

普通は「ちご」と読みますが、ここでは「ちじ」でしかありません。

 

 

どう考えても所詮、石原慎太郎さんの茶坊主でしか無いんですよね。

副知事やらせて貰って権力志向に目覚めた遅咲きのアホ。

 

政治家としての素養がゼロ、400万票とった時のドヤ顔が忘れられません。

ジャーナリストとしては、面白く楽しませてくれていたかもね。

 

いいも悪いも「政治とカネ」のことは、一朝一夕にはマスターできない。

清濁併せ呑むほどの器量が彼にあるとは到底思えない、からしくじった(笑)

 

ここには別の切り口で稚児のことを書こうと思ったけど、胸くそ悪くなった。

なのでもう一つの兄弟サイトに書いた記事を暇な人は見てみてください。

http://jam-enterprise.com/ 

 

次回は真面目にエンタメ系を書きます、勘弁してください。


タグ:稚児
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

『私、失敗しないので』終わりますね。 [世界エンタメ新聞]

こんにちは、【世界エンタメ新聞@福だるま】です。

 

『私、失敗しないので』終わりますね。

 いよいよ最終回を迎えます。

 『私、失敗しないので』

何度聞いても、スッキリします。

ストレス解消にはもってこいのドラマだったです。

ドクターXこと大門未知子(米倉涼子)の決め台詞、本当に格好いいですね。

 

この大門ってつけたところから好視聴率は約束されてた?

ようです。

 

管理人流の独断と偏見。

テレ朝が大昔にヒットさせた石原軍団の二代目「大門軍団」ですね。

渡哲也さんの宝くじCMの声も素敵ですが、昔の大門さんはもっと良かった。

軍団としての統率力、統制力が抜群でした。

 

一方の大門未知子は、一匹狼として白い巨塔に立ち向かう威勢の良さ。

やはり個人的には、未知子に惹かれるものがありますね。

 

過去八話の視聴率ランキングは、

1位 29.5%

第一話  蛭間教授が握手の手を差し出すシーンで「致しません」

この啖呵の切り方がなんとも言えず、一気に心を掴みました。 

 

2位 26.9%

第五話  ゴッドハンドと言われる先生の手術ミスをリカバリー、ガムシロップ飲むシーン。

 

3位 26.7%

第二話  馬渕内科統括部長の手術シーン。

 

 

そしていよいよ最終回の視聴率はどの位の数字になるのでしょうか?

30%以上になることは間違いないと思いますが……?

 

ずるいことに天才子役の本田望結ちゃん(9才)という強力な助っ人がいるので、

半端じゃない数字が出る可能性も。

 

おそらくお涙頂戴シーンがあるでしょうから、ここで一気に視聴率が上がる?

一匹狼の目にも涙? 

鬼の目にも涙(笑)

 

米倉さんの目、鬼の目のように感じる時があるのは僕だけ?

 

「ナサケの女 国税査察官」の時の彼女は、

税金払わない奴は、『日本の道路 歩くな!』と言ってましたが、

この時にも、鬼の目を見たような……。

 

いずれにせよ鬼気迫る演技というのでしょうね。

 

 

忘れてならないのがドクターXの中での管理人の一番のお気に入りが、

海老名教授(遠藤憲一)以下の、 

『御意!御意!御意!』

この御意三兄弟には腹から声をだして笑いました。

 

 

三田佳子の姿は、倅・高橋某の事件以来見たくなかったのですが、

悲しいかな老いぼれすぎていましたね、内科統括部長?

第一話の競走馬の馬主でもあったというのに、全然セレブ感が無い。

単なる年老いた女優にしか見えないのは僕だけかなあ?

子育てもまともに出来なかったという偏見で見ている僕も駄目ですネ。

もう主役をはることは無いでしょうが、「楢山節考」(1983年)の坂本スミ子さん。

彼女をお手本にしてのプロ根性が見てみたいような気もします。

 

まあ、色々と楽しませていただきましたドクターX大門未知子とも最後です。

寂しくもありますが、皆様の今後の活躍に期待させていただきましょう!

 

【世界エンタメ新聞@福だるま】でした。 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

浜崎あゆみ、10歳年下米国人と“婚約”って、また? [世界エンタメ新聞]

こんばんは、【世界エンタメ新聞@福だるま】です。

今日の気になるニュースから抜粋しました。

↓↓↓

浜崎あゆみ、10歳年下米国人と“婚約” ハイテンションで幸せ報告
2013/12/13 17:47
http://beauty.oricon.co.jp/news/trend-culture/2031975/full/


 歌手の浜崎あゆみ(35)が13日(現地時間12日)、10歳年下の米国人(25)と婚約したことがわかった。ファンクラブサイト『Team Ayu』で発表した。結婚の時期は未定で、今後正式な婚姻届を提出する。

 お相手は、米ロサンゼルスのUCLAの医学部に通う大学院生。出会いは今年1月の正月休みで、友人の紹介で知り合い、春頃から交際をスタートさせた。きょう12日に正式に婚約し、サインも済ませたという。

 浜崎は「ご報告~♪ ワタクシLA時間の本日、12月12日に婚約いたしましたぁ~♪ワン、ツー♪ワン、ツー♪───O(≧∇≦)O────♪」とハイテンションで婚約を明かし、「相方さんは、大学院で医学部に通う一般の生徒さんなので、ひっそり静かに見守っていただけると嬉しいですm(_ _)m☆」と絵文字付きで呼びかけている。

 浜崎は、2011年1月に、自身のミュージックビデオで共演したオーストリア人俳優のマニュエル・シュワルツと米国で結婚し、翌年1月に離婚していた。




如何ですか?

管理人は、彼女が不憫でなりません。

エーベックスの松浦やTOKIO長瀬とうまく行かなかった腹いせのように、どうでもいいやと言わんが如くダメンズばっかりを手玉に取るようなことをしています。

九州のおなごは、もっとタフだと思っていたけど駄目ですね弱すぎます。


もっとも最近は、思うようなヒットも出せないストレスもあるでしょうし大きくなりすぎた所帯の面倒をみることすらも面倒くさくなったような気配を感じるのは僕だけ?


将来のお医者様だったことが唯一の救いかもしれませんが、同郷の松田聖子さんを見習ってもう少し稼ぎがあるのを見繕っても良かったんじゃないでしょうか。

どうせ一時しのぎのペットなんだから。


あまり安っぽいのとばかり宜しくしてると成長がありませんよ。


エーベックスは、あなたの力で支えて来たんだから松浦と条件闘争をきちんとして、ホリプロにおける和田のゴッドねえちゃんのように振る舞って若い子たちに勇気を与えてくださいね。

でないと、依田のお父さんも浮かばれませんよ。


松浦の謀反にあなたが乗っかったばかりに、退場させられたんだから。


普通に考えれば、松浦がポイされてオシマイのところをあなたが救ったんですよ。

芸能界はおかしなところなので、変な政治力学が働きますがあなたの責任が重いことを自覚してくださいね。


松浦にはきっちりと重石をつけてギャフンと言わせてください、LAでのペットとの日々に飽きたら戻ってきて成敗してください。


最近の彼の行状は聞くに耐えたれません。


どうか、目を冷ましてやってください、宜しくお願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

きゃりーぱみゅぱみゅの圧勝、YouTube年間再生数! [世界エンタメ新聞]

YouTube年間再生数はきゃりー圧勝 剛力、メンバー不在「恋チュン」も健闘
オリコン 12月11日(水)17時0分配信



こんばんは、【世界エンタメ新聞@福だるま】です。


きゃりーぱみゅぱみゅの圧勝、YouTube年間再生数!


昨日、YouTube年間再生数はきゃりー圧勝と発表されました。


管理人は、世界でも通用する彼女の魅力に惹かれて8月に

①「きゃりーぱみゅぱみゅ動画チャンネル♪」
http://fukuha.xsrv.jp/gdg2/cyari.php

YouTubeの再生回数人気順にランキングをした動画アルバムとして、
18曲の紹介サイトを作ってみました。


その後9月に、SeeSaaブログで日本語ドメインの様子を見るために

②きゃりーぱみゅぱみゅ動画チャンネル♪
http://xn--w8jvd6b2a.seesaa.net/


③きゃりーぱ動画劇場♪
http://xn--w8jvd6b2a53c.seesaa.net/


④ぱみゅみゅ動画劇場♪
http://xn--x9j2aaxb.seesaa.net/



SeeSaaブログの3つは、未だ迷走中ですが時間の許す限り
新しい曲を追跡していきたいと考えています。


調子に乗って4つもサイトを作っていますが、ファンの方のためにも
もう少し充実したものにしたいものです。


まあ、①が一番のおススメですので片っ端から見てやってくださいね。

どことなく管理人の趣味で作ったアルバムのような気がしています。




↓↓以下が、発表された記事のコピーです。

YouTube年間再生数はきゃりー圧勝 剛力、メンバー不在「恋チュン」も健闘
オリコン 12月11日(水)17時0分配信


グーグルは11日、今年1月1日以降に動画共有サイト「YouTube」にアップロードされた動画の再生数TOP10を発表。国内外で支持を集めるきゃりーぱみゅぱみゅのミュージックビデオ(MV)が、国内総合トップ10のうち1・3・4位を独占した。

メンバー不在の「恋チュン STAFF Ver. 」も800万回超

 国内動画1位の「にんじゃりばんばん」(3月発売)の再生数は2600万回を突破。2位のSEKAI NO OWARI「RPG」(5月発売、約2100万回)に500万回近い大差をつけたほか、3位「インベーダーインベーダー」(5月発売、約1600万回)、4位「ふりそでーしょん」(1月発売、約1500万回)と今年発売したシングル曲が軒並み1000万回超え。欧米・アジアツアーを成功させ、日本の「カワイイ」文化のアイコンとして海外からの閲覧数も伸ばしたきゃりーが圧倒的な強さをみせつけた。5位には“プロペラダンス”で話題になった剛力彩芽の歌手デビュー曲「友達より大事な人」(7月発売、約1200万回)が食い込んだ。

 MVを除く国内動画の再生数1位は「恋するフォーチュンクッキー STAFF Ver.」(約800万回=総合6位相当)。今年7月半ばにAKB48グループのスタッフ総勢365人がそれぞれの職場をバックに踊った“メンバー不在”の動画が話題となり、多数の派生動画が登場。5位に入った「サマンサタバサグループ STAFF ver.」(約400万回)をはじめ、30を超す企業や地方自治体の職員らがそれぞれの職場や名所などをバックに魅力をアピールし、ムーブメントを生み出した。

 同グループのスタッフはYouTube上で「皆さんにお見せできるものができるのだろうかとドキドキしながら、一生懸命スタッフ一同踊りました。そんなミュージックビデオを800万回もご覧いただき、本当にありがとうございます!」と感謝のコメントを掲載している。

 ちなみに、全世界で最も見られた動画は韓国の歌手・PSYのMV「GENTLEMAN」。再生回数は5億9800万回に及んだ。1年間を動画で振り返る『YouTube Rewindチャンネル』では、今年話題になったアーティストやクリエイターとともに制作した『YouTube Rewind 2013動画』を公開中。


■2013年トップ10音楽動画(日本)

1. きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」

2. SEKAI NO OWARI「RPG」

3. きゃりーぱみゅぱみゅ「インベーダーインベーダー」

4. きゃりーぱみゅぱみゅ「ふりそでーしょん」

5. 剛力彩芽「友達より大事な人」

6. ケラケラ「スターラブレイション」

7. PSY「GENTLEMAN」

8. ONE OK ROCK「Deeper Deeper」

9. ゆず「イロトリドリ」

10. e-girls「CANDY SMILE」Short ver.



■2013年トップ10動画(日本)※ミュージックビデオ以外の動画が対象

1. 恋するフォーチュンクッキー STAFF Ver./AKB48[公式]

2. アンパンマン くるくるゆめランド anpanman dream land

3. PSP/PS Vita「GOD EATER 2」 チャージスピア 必殺技紹介映像

4. アンパンマン おさかなすいすいかいてんずし♪ anpanman

5. 恋するフォーチュンクッキー サマンサタバサグループ STAFF ver./AKB48[公式]

6. 小嶋陽菜出演 ワークブラ スピンオフムービー

7. アンパンマン GOGOエレベーターパーキング anpanman

8. 小田急線の列車に雷が直撃した瞬間をとらえた映像(登戸)

9. PS3「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」第4弾PV

10. Kenichi Ebina Performs an Epic MatrixStyle Martial Arts Dance America’s Got Talent




お疲れ様でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
前の5件 | - 世界エンタメ新聞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。